--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.07

献血

献血→輸血までの説明をお聞きしました。

献血の必要性を理解。
破棄しなければならない血液があること、輸血パックになるまでの過程などいろいろ教えていただいたのですが、

私的に献血の必要性を感じたお話↓

『血液が足りない時は職員が差し出します、正月明けから・・・!』

『血液を保存している冷蔵庫の扉をうっかり閉めきれてなかった時は、

 自ら弁償します(腕を差し出して) 死んで血をすべて抜いても全然量が足りません。』

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ジェンヌも塚口の献血ルームや阪急宝塚駅南口ソリオ広場などで献血するそうです(☆∀☆)

私、献血時には塚口までいくよ!!!!

ジェンヌさんたち血気は盛んそうだけれど、
あんなに痩せた体から血ィ抜いて大丈夫なんですか?・・・・
体重制限にはひっかからないのかな。上背あるし筋肉って重そうだし。
花のトップとか血を抜いたら死にそう

うん。とりあえず献血行ってみましょう(と呼びかけてみたり。)

私、貧血よく起こすのだけれど献血していいのかしら


.いろいろ 日記トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

君は献血なんかしちゃいけないよ!!むしろ入れてもらいなさい(笑)
私は有り余って毎日グツグツと煮えたぎっているので、少しは減らして貰ったほうがいいかもしれません。

ナチ:2006/06/07(水) 23:00:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。