--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.30

プラハの春 上

今月、スカステで「プラハの春」をやっていました。

思った。
これ原作がおもしろいにちがいない。

CAHSKZ95.jpg


上巻読み終わりました。

その足で下巻買いに行きますた(ハマってます)
ベルリンの秋まで読破しよう。うん。

・リョウとカテリーナたんとのロマンス
・チェコスロバキア、DDRのリアルな政治情勢
の2面があって、ロマンスの方はヅカによく似合ってる、という印象です。

自分に世界史(日本史もなんだけど)の教養、基礎知識がないことが口惜しいです。
読み始めた時に、あっと思って地図で東の国々の位置関係は頭に入れたんだけど。

それにしてもおもしろいっス(*´д`*)
革命、学生デモ、国の建て直し、心躍らされちゃうね。

エリザでもハンガリーとか出てくるし、
東欧行ってみたいなぁ。
(イタリア、フランス、スペイン側に行っちゃったからな。)

ヅカ版は、まぁ、いろいろカットして舞台にしてるわけですが、
原作ではシルビアが実娘なんだね(ヅカでは姪ッ子)
子持ちで年下の外国人に惚れる政治に身を捧げるセクシー女性役・・・なんて厳しいもんな(笑)
シシイは子持ちで黄泉の国籍の人とラブロマンスやっちゃうけど。

シルビア(14歳)からリョウへの思いがカットされたのが、ちょっとご不満です。

ではでは。
安蘭ファンとしてヤンの話(´∀`*)
単刀直入に言って上巻にはほとんど登場しません(爆)

最後の方に出てきて、リョウと友達になったり、カテリーナたんと自転車二人乗りしてました。
「ヤンとトウコちゃんは違うのよ」って、ニヤけながら本を読む(バカ)私は釘をさされましたがw
夢を見るのは自由なんだから!

ヤンの特徴(上巻より)

真っ直ぐな癖のない髪、やや硬い表情、シャイな優しい目
痩せて、背が高い


ああ。うん。痩せてるね (それでいいのか)
私の脳内でニッとリョウに笑いかけるヤンは、ふわふわ癖っ毛、大きな瞳、小柄だけど何か。

あと心に書いたメモを一つ。
同僚の稲村(さえこさん役)は少食

さ。下巻読もうっと。(´∀`*)
チェコスロバキアの行く末が気になるんば。

.いろいろ 映画・本・舞台トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。