--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.23

ピンパーネル第二幕

あああ。たった1日しかたってないのに、
スカーレット・ピンパーネルにまた行きたくなってきたよーーー!

続きにネタバレ全開でキャラ語り(笑)
辛めです。

パーシー

箱の中に入るトウコさんは本当に可愛かったです。でれでれ。
パーシーなぁ。基本的に不満はないんだけど、
命を賭けて他国の貴族を助ける動機がよくわからなかったですねー。

私の勝手な解釈ですが。
革命からズレて独裁・狂気のフランス。
何故、他国の隣の街の火事に首をつっこむか?
ただの道楽に命を賭けるかっこよさですね~ ニヤニヤ。
原作の本読んでもいまいちそうする理由がわからなかったです。
それを舞台でやってほしかったんだけどな(苦笑)
ただ単純に動機は正義なのかな。

グラパン

どうなんだろうこれは!笑
や。お芝居の途中の息抜き、スパイスとしてはすっごく良いキャラだと思うよ。うん。
とうこさんも楽しくやってるなーというのが伝わってくるし。
ロベスピエールの側近になるのは
エルとキラが一緒に捜査するの以上に(例えわかりにくいよ)
さすがに無理があるんじゃないのか・・・・・という気がしたけど、大人らしく物語だもんと流します☆
しかし、第二幕は彼の出番多すぎじゃないですか。

誰もパーシーがピンパーネル?と疑わない理由は、
パーシーがバカでお洒落にしか興味がない伊達男だと思ってるから。
うん。
とうこさんからパーシーのオンオフの差を感じました!
でも(汗)
パーシーのオンオフより、パーシーとグラパンのギャップが大きすぎて
か、かすんでる気がする・・・


マルグリット

フォークスから手紙を奪い取るとこ上手いですねーv
わがままフランス娘を装っていてすごくいいと思うんだけど
客席が笑うから・・・なんかギャグっぽくかんじてしまった。

パーシー=スカーレット・ピンパーネルと気づくくだり。
あれはないよ!(〃*`Д´)
シャルルのKY発言で初めてわかるなんて・・・(がっくり)
シャルルKYだよねー?
子供だからって何言っても言い訳じゃナイんだぞ!パーシーの気遣いが台無しじゃん!
原作の、
夫が入るなって言ってた書斎に好奇心に導かれて入ったら、
パリの地図と紅はこべのスタンプが?! → あたしは夫を売ってしまったの?!!!(涙)
のほうがドラマティックだよう。

舞台でひとかけらの勇気を歌うシーン大好きです。
最初はブーイングで騒いでる民衆が歌と共に静まって最後には味方になるっていう
ミュージカルの王道☆ 好きだなぁ。


ショーヴラン

一番熱く語りたいですね。
下町に生まれて、貴族を憎んで、
革命に燃え、今は独裁側についている悪役。
おいしいなぁ!!! 
彼の行動には動機が説明されてるんですね。たぶん唯一。

マルグリットとは、革命初期に共に闘った同志で恋人。
マルグリットへの執着に萌えますねー。
憎むべき貴族へとなったマルグリットに対しての反感と執着がどろどろそまじった何かが出て欲しいんだが・・・、
あんまり貴族になったというところには疑問を持っていなさそうだな・・・。

こちらも、パーシー=スカーレット・ピンパーネルだと気づくシーン最悪ですねorz
マルグリットのうっかり発言で気づくなよ(涙)
控え室でパーシーと会ったとか真昼の夢号がフランスに渡る回数が多いとかの伏線で気づけよぅ!
客席笑っちゃってコントになってるじゃん・・・。
そして、グラパンの言うことを素直に聞きすぎです。
疑って!そのエセ外国人どこからみたって怪しいから!
ショーヴランがバカにしかみえないorz
しかも、あすかちゃんを中心に、グラパンの対照にショーヴランが並ぶ絵面。
コントですね これorz
あああ。ショーヴランがなんだか可哀想になってきた・・・
なんで今まで気づかなかったんだ。って2回も言っちゃダメ!! 
客席もなんで気づかないんだよwって思ってるから!

ニ幕のショーヴランの使い方はひどいよ。
すんごくバカっぽいじゃん。
コントじゃん。
だんだん可哀想になってくるじゃんorz

.宙組 観劇・イベントトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。